05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

【岩船時間山岳部】日本国~毎年恒例~ 


@岩船時間山岳部です。

5月5日

毎年恒例の日本国登山に行ってきました。
日本国は新潟県・山形県にまたがる標高555mの山です。
5月5日が山開きのため多くの人でにぎわっていました。
大体登りで1時間半、下りで1時間くらいかかります。


8:30
登山開始です。

新緑の中、快調に進みます。
序盤は少しきつめの道が続きます。
20170505_1.jpg
20170505_2.jpg

道のそばには色とりどりに花
20170505_3.jpg
20170505_4.jpg

沖見の休憩所からの景色です。
遠くに粟島が見えます。
20170505_5.jpg

ここから分岐点、蛇逃峠の東屋休憩所までもうひと踏ん張り
20170505_6.jpg

この東屋がコースの分岐点
登ってきた小俣口コースと急坂な蔵王堂コースの合流地点になります。
帰りは蔵王堂コースを下る予定です。
さぁここから山頂まで500m
20170505_7.jpg

ここから約20分くらいで山頂につきます。
20170505_8.jpg

ここからがお楽しみの時間
「宴」です!

部長が前日から仕込んだウド・ソーメン
そしてステーキに焼肉
20170505_9.jpg
20170505_10.jpg
20170505_11.jpg
20170505_13.jpg

当然BEERも格別です!
このために登ってきた我々ですから(笑)
20170505_12.jpg
20170505_22.jpg

まぁこれだけ飲めば
20170505_20.jpg

当然こうなりますよね(笑)
20170505_21.jpg

皆様ご迷惑をおかけしました。

たまたま別で来ていた旧友たち
20170505_23.jpg

結局2時間近く宴会していました・・・

気を新たに下山します。
20170505_24.jpg
20170505_25.jpg

6歳がんばれ~
20170505_26.jpg

結構急なので慎重に
20170505_27.jpg

そして無事下山
20170505_28.jpg

そして駐車場まで
小俣の集落を散策
20170505_29.jpg



山開きのイベントも終わっていました・・・
3時までのイベントだと思っていましたが
2時過ぎには何にもなくなっていました。
目当ての栃餅が食べられなくて残念がっていた人もいました。
せめて3時まではイベント行ってもらえないでしょうか・・・

今年も珍道中となってしまいましたが
ではまた来年。
20170505_30.jpg



で当然
はばきぬき

20170505_31.jpg
20170505_32.jpg

こうして宵も酔いも深まっていくのでした

ではまた次回。

スポンサーサイト

category: 登山

thread: 新潟県

janre: 地域情報

Posted on 2017/05/07 Sun. 14:10  edit  |  tb: --  cm: 0  

【岩船時間山岳部】五頭山登山~部長の特訓~ 

@岩船時間事務局です。

GWも終盤ですね。

岩船時間山岳部もGW前半後半と登山に行ってきました。

前半は4月29日

いきなり今までの最高峰に挑戦!
標高912.5m 五頭山に行ってきました。
メンバーは会長、部長、私の3人。

五頭山は阿賀野市、阿賀町に連なる山々の一つになります。

今回は出湯ルートで登ります。
部長曰く一番の初心者コースだそうです。

8:30
登山口を出発します。
20170429_1.jpg

7分くらい進むと一合目の標識
20170429_2.jpg

結構険しい道です。

20170429_3.jpg

わかりづらいですがなかなかの勾配です。

この頃には前を行く二人に置いて行かれ
いつのまにかソロ登山となりました。

登り始めて20分くらいで二合目
20170429_4.jpg

この二合目ですでにふくらはぎがプルプル・・・
心が折れかけます・・・

ですが道端には色とりどりの花が咲いています。
20170429_5.jpg
20170429_9.jpg

そして正面を向くと
20170429_6.jpg

ふぅ・・・

はぁ・・・

登り始めて50分
4合目まで来ました。
ここで先行の二人が待っててくれました。
優しい(泣)
20170429_7.jpg

4合目からの景色
20170429_8.jpg

登り始めて1時間と少し
ついに5合目、烏帽子岩に到着!
20170429_10.jpg
20170429_11.jpg

5合目からの景色
ここからでもなかなかの景色が臨めます。
20170429_12.jpg

今までがきつかった分、
緩やかな登りになることを願って
頂上を目指します。

そんな甘い期待はすぐに裏切られました・・・
20170429_13.jpg

きつい・・・

すでにふくらはぎ~太ももがパンパンです。

登り始めて1時間半。
6合目です。
ここがほかのルートとの合流地点
20170429_14.jpg

進めば進むほど厳しい道。
ここでロッククライミングの一撃。
画像ではわかりづらいですが
人より高いところをよじ登ります。
20170429_15.jpg

なんとかよじ登り

7合目
登り始めて1時間50分
20170429_16.jpg

ちらほら残雪が目立ってきます。
今年は残雪が多いと聞きました。

今回のルート、山頂まではこんな感じの道が続きます。
結構狭くて歩きづらいです。
20170429_17.jpg

この頃には考えることもできず
ひたすらゆっくりと少しづつ足を進めていました。

登り始めて2時間10分
やっと8合目まで来ました。
20170429_18.jpg

よしっ、山頂までもう少し!

しかし

この後更なる試練がっ!

20170429_19.jpg

登山道を雪が覆い
膝上くらいまでズボッ
体力がない私はこれで精神的に大きなダメージとなり
心がポッキリと折れました(笑)

20170429_20.jpg

雪道を乗り越えても

20170429_21.jpg

こんな道が続いて堪えます。

乗り越えて
ようやく9合目
ここまで2時間20分

ここからは道なき道と雪との戦いでした。
20170429_22.jpg

この奥に最後の難関の斜面があるんですが
その斜面一面が雪に覆われ
ロープがあるものの危険でした。

登山開始から2時間40分、11時40分

ついに山頂!

20170429_23.jpg

今までで一番素晴らしい眺望が迎えてくれました。
飯豊、反対には新潟市内、日本海まで一望できます。
苦労も報われる景色に感動です!

20170429_28.jpg


このあたりで小雨がぱらつき
雲行きが怪しくなってきたので
昼食を急ぎます。

急ぐといっても手を抜く我々ではありません(笑)

まずは
20170429_24.jpg

ビールのアテに会長が餃子を焼いてくれました。
20170429_25.jpg

そして部長の定番!
トン汁の準備にかかります。

鍋にジャガイモ、大根、豚肉etc
具だくさんでいい感じです。

しかし

ここで部長が

「あっ、ミソ忘れた」

大事なところなんでもう一度

「あっ、ミソ忘れた」

なんたる失態!

あれだけ道中の車の中で
「今日は最高のトン汁食わせちゃる!任しちょけ!」
って言ってたのが遠い昔に感じられます・・・

数分の沈黙の後
おもむろに鍋の中に塩ラーメンを投入する部長
20170429_26.jpg

何事もなかったかのように
「うん、少し薄味だな!」

そうでしょうよ
3人分のトン汁のところに
塩ラーメン一人分の味付けじゃあ全然物足りないでしょうよ!

会長と私は笑顔を作りながらも心の中で
「ミソ忘れたお前が悪い」

このあたりで雨粒が少し大きくなったので
撤収準備

12:15 下山開始
登ってきた道を引き返します。

ここからは登りの疲れと
足に力が入らず
ひたすら慎重に下山しました。

14:15 2時間かかってようやく下山

残雪の登山道も初めてでしたので
無事に帰ってこれてよかったとつくづく思いました。

人に聞くと今回のルートが一番山らしい(キツイ)ルートだったらしいです。
ですが烏帽子岩も見れたし達成感半端ないです!
登山口の標高からすると約800mくらいは登る感じです。

春とはいえ山には残雪が残りますので
それ相応の装備と過信は禁物です。

では次回は日本国の旅をお届けします。

category: 登山

thread: 新潟県

janre: 地域情報

Posted on 2017/05/07 Sun. 00:41  edit  |  tb: --  cm: 0  

諸上寺山三十三観音様巡りウォーキング~in 2017~ 


@岩船時間事務局です。

4月16日

第7回目の諸上寺山三十三観音様巡りウォーキングが開催されました。
前日までの雨で少し心配でしたが、
暖かい陽気の中、約50名でのウォーキングとなりました。

岩船港緑地公園で受付、

実行委員からの説明を受けて出発です。

20170416_1.jpg

上浜町~下浜町~岸見寺町~地蔵町と岩船の町を通り
諸上寺に向かいます。
20170416_2.jpg

今回は石船神社で小休止
20170416_3.jpg

その後諸上寺へ向かいます。
20170416_4.jpg
20170416_5.jpg

恒例の諸上寺で記念撮影
カメラマンのCEOも気合が入っています。
20170416_6.jpg


諸上寺では花山院様がお迎えしてくれます。

DSCN5759.jpg

花山院様の前でガイドから説明を受けスタートです。
20170416_8.jpg

IMGS_2014042015581323d.jpg

道中様々な花が道を彩ります。
20170416_9.jpg
20170416_10.jpg

参拝したり、歌碑を見たり、
20170416_11.jpg
20170416_12.jpg
20170416_13.jpg


頂上の諸上寺公園に到着です。
思いのほか早い到着でした。

20170416_15.jpg

ここで昼食休憩

おにぎりと味噌汁がふるまわれます。
今年の味噌汁はカナガシラの味噌汁!
絶品です!
20170416_16.jpg
20170416_14.jpg

ですが

公園は強風で大変でした。

お昼の後はしばしフリータイム。
散策を楽しんだり思い思いの時間を過ごしていました。
20170416_17.jpg

さてさて例年ですと
諸上寺公園の桜も見ごろを迎えるんですが・・・
20170416_18.jpg
20170416_19.jpg
20170416_20.jpg

まだまだ弱弱しい感じ。

八重も
20170416_21.jpg

まだまだですね。
これからの好天を期待です。
ここまで来たらGWの見ごろを期待したいです。

さてさてお昼休憩も終わり
今度は下りながら帰りの観音様を巡ります。
20170416_22.jpg

20170416_23.jpg
20170416_24.jpg

下山後、諸上寺の裏庭を散策

20170416_25.jpg

そして諸上寺を後にして
20170416_26.jpg

石船神社に寄り道。

満開の桜が迎えてくれました。
20170416_27.jpg
20170416_28.jpg

心地よい疲れと爽やかな気候に恵まれ
楽しいウォーキングとなりました。

来年こそ桜を満喫できる三十三番観音巡りになりますように。

参加されたみなさん、スタッフの方々
大変お疲れ様でした。

20170416_7.jpg

来年またお会いしましょう!

category: 地域情報

tag: 岩船  町づくり   
Posted on 2017/04/16 Sun. 16:10  edit  |  tb: --  cm: 0  

【第4回】酒の肴グランプリ in 岩船 

@岩船時間事務局です。

3月4日に岩船地区では

『酒の肴グランプリ』が開催されました。
20170304_23.jpg


地酒である「〆張鶴」「大洋盛」にあう酒の肴コンテストとして第4回になります。
今まではプロの方の肴がグランプリをとってきましたが
今回も!?かな笑?

今回、岩船時間は過去の屈辱からもう二度と出場しないと決めたので、取材のみ行ってきました。

午後2時スタートですが、

午前中のうちから仕込みを始め気合が入っています。
60人分の用意ですから準備も大変です。
プロはどこかでチョチョイノチョイ。

今回の出場チームは6チーム

№1 食堂iwahune
№2 狂える料理人 ユウキ
№3 大滝食堂
№4 石井 順治
№5 酒道楽 TEMPLE
№6 どさん小娘

会場には60人の審査員
皆さんこれから出てくる料理に心躍らせています。

IMG_3992.jpg

そして肴を引き立てるこちらも用意万端

「大洋盛 金乃穂」
20170304_3.jpg
↑個人的に好きです!

「〆張鶴 花」
20170304_4.jpg
昔からお馴染みのお酒ですね。


午後2時

岩船まちづくり協議会会長そして来賓の方々のあいさつ
20170304_24.jpg


お酒の用意も
20170304_25.jpg



いよいよ酒の肴グランプリ始まりです。


ではうまく撮れていませんが今回の酒の肴をご紹介しましょう。

№1 食堂 iwafune ~フグマリン~
20170304_7.jpg
フグの唐揚げに岩船酢の酸味がアクセント。
旨くないわけがない!

№2 狂える料理人 ユウキ ~帰ってきたタコ八郎~
20170304_8.jpg
岩船港直送の蛸を使った蛸の旨みたっぷりの一品!

№3 大滝食堂 ~岩船焼売~
20170304_9.jpg
岩船麩、岩船産ねぎ、シイタケを使った野菜たっぷりの焼売
イカがアクセントになってます。

№4 石井 順治 ~UTOO~
20170304_11.jpg
見た目からセンスが光ります。
大洋盛、〆張鶴のジュレのトッピング。
酒の風味漂う大人の一品


№5 酒道楽 TEMPLE ~酒鮭情けin岩船~
20170304_10.jpg
岩船麩、彦八豆腐など岩船がふんだんに詰まった一品です。


№6 どさん小娘 ~鮭とアボカドのわさびマヨ~
20170304_12.jpg
簡単、手軽にできる酒のおつまみ。
新リハビリテーション大学のみなさんの一番テーマに合う一品。

皆さん思い思いの料理を手に取り
20170304_14.jpg

美味しい料理に酒もすすみます
20170304_15.jpg

皆さん評価にすごく悩んでいましたね。
甲乙つけがたいと皆さんおっしゃっていました。
20170304_16.jpg

楽しい時間はあっという間に過ぎ審査タイム


その間会場では外れなしの抽選会
鮭ハムやお酒など豪華な景品が皆さんの手に。
20170304_17.jpg


そしていよいよ審査発表~
司会の軽やかなリズムで進んでいきます。

まずは酒の肴賞
№2 狂える料理人 ユウキ(ここは予想通り)
№3 大滝食堂
№6 どさん小娘
20170304_18.jpg
の皆さんでした。

ちなみにうちのカメラ助手の娘は
大滝食堂の岩船焼売がお気に入りでした
20170304_19.jpg

さて続いては

審査員特別賞

20170304_20.jpg

新潟リハビリテーション大学の№6 どさん小娘の皆さんです。
毎年大学の皆さんは酒の肴グランプリを盛り上げてくれます。

続いてはグランプリ、準グランプリの発表

準グランプリは勿論、
20170304_21.jpg
№1 食堂iwafune ~フグマリン~

グランプリも勿論、
20170304_22.jpg
№4 石井 順治さんのUTOOが選ばれました~
おめでとうございます!


後記

今年はタコ、イカを使った料理が多かったですね。
どれもおいしそうでした。

このグランプリコンテストの雰囲気は参加された皆さんが
本当に楽しんでいるのがヒシヒシと伝わってきます。

神奈川から参加された方もいて
「イベントを楽しみにしてきました」
とおっしゃっていました。
ありがたいですね。
またHPを見て今回のイベントを知ったとのこと。
残念ながら岩船時間ではありませんが・・・
岩船時間もっと頑張らねば!

実はこの方、楽天の公式アンバサダーでした。
是非またゆっくり岩船にお越しくださいませ。

この素晴らしい???イベントをもっともっと盛り上げていきたいですね!
例えば大洋盛賞、〆張鶴賞を作るとか色々と知恵を出しあって・・・

長くなりましたのでこの辺で。

また来年!
岩船時間は出ないよ(笑)

20170304_26.jpg

category: 地域情報

thread: 新潟県

janre: 地域情報

tag: 岩船  町づくり 
Posted on 2017/03/10 Fri. 01:10  edit  |  tb: --  cm: 0  

蒲萄スキー場 スノーフェスティバル2017 

2月5日(日) 村上市の蒲萄地区のスキー場でスノーフェスティバルが開催されたので行ってきました(*^。^*)

IMG_0533 01

天候は曇りでしたが、寒くもなく朝から沢山の人が訪れてましたよ。

IMG_0466 01

スタッフが到着した頃は朝日奈ゆうさんの歌謡ショーが始まる手前
朝日奈さんは桧原出身のプロの演歌歌手。

IMG_0474 01

地元ファンの声援も凄いもんです。

IMG_0505 01

このお婆ちゃんはスマホでパシャリ!! 操作姿に驚いちゃいました。

IMG_0525 01

コンサートを堪能した後は、せっかくスキー場に来たのだから一滑り。

AUK_3605 01

リフトに揺られ、カメラを抱えて(苦笑)

AUK_3620 01

山頂付近、この日は飯豊山脈に月山、鳥海山まで見え気分爽快

AUK_3607 01

景色を見ながらなんとか滑り降り、昼食。
毎年何故かカツカレーが定番

IMG_0549 01

お昼に掛かる頃には地元の方々手作りのあつあつ豚汁も振舞われ
冷えた身体にはありがたいもんですよね。

IMG_0562 01

IMG_0566 01

IMG_0567 01

そして子供達メインの神経衰弱。

IMG_0585 01

IMG_0594 01

見守る親達の声援が印象的なイベントでしたねぇ(笑)

IMG_0579 01

IMG_0686 01

時間の都合で最後までは居れませんでしたが楽しかったです。
また来年も行きたいですね!(^^)!

AUK_3597 01







category: 旧朝日村

Posted on 2017/02/05 Sun. 21:23  edit  |  tb: --  cm: 0  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。