07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

第18回みなとフェスティバルinいわふね 

@岩船時間事務局です

7月16日(日)岩船港港湾緑地を会場に 第18回「みなとフェスティバルinいわふね」が開催されました
今回はみなとフェスティバルの前身である夕陽コンサートから数えて30周年を記念して 「バンド・ライブ」をメインに 「地酒カクテルコンテスト」や「ミニ新幹線・ふれあいバルーン」などの新企画もあり早朝からにぎわっていました

resize0156.jpg

resize0157.jpg

地酒カクテルコンテストのコーナーです
resize0158.jpg

resize0161.jpg

市長さんにも審査に加わってもらいました
resize0159.jpg


わが岩船時間もカキ氷&Tシャツ販売 フォトスタジオで出店させていただきました
resize0180.jpg

resize0169.jpg

resize0167.jpg

 resize0168.jpg

ミニ新幹線コーナー
resize0165.jpg

resize0166.jpg

resize0178.jpg

ふれあいバルーン
resize0181.jpg

ヒストリックカーもたくさん展示されていました
resize0182.jpg

村上ボクシングジムによる子どもボクシング教室
resize0188.jpg

resize0189.jpg

resize0190.jpg

resize0191.jpg

resize0192.jpg

そのほかにもたくさんのイベントが開催され 会場は始終笑顔であふれていました
resize0172.jpg

resize0160.jpg

resize0170.jpg

resize0171.jpg

resize0173.jpg

resize0174.jpg

resize0175.jpg

resize0176.jpg

resize0177.jpg

resize0179.jpg

resize0183.jpg

resize0185.jpg

resize0186.jpg

resize0187.jpg

今年のメイン みなとオアシス近隣港交流バンドライブ
resize0162.jpg

resize0163.jpg

resize0164.jpg

resize0184.jpg

途中から降り始めた雨にも負けず最後までノリノリでした
resize0193.jpg

resize0194.jpg

スポンサーサイト

category: 地域情報

Posted on 2017/07/29 Sat. 15:03  edit  |  tb: --  cm: 0  

2017金屋獅子踊り 

7月14・15日は金屋(村上市荒川地区)の獅子踊りでした
須賀神社のお祭りで村上市の無形文化財にも指定されています

20170715-IMG_4386.jpg

岩船時間スタッフも15日の夕方からお邪魔してきました
天候にも恵まれ(ちょっと暑すぎ)祭日和の中、朝から金屋地区内全域を回り踊りを披露しています
resize0074.jpg

resize0073.jpg

resize0072.jpg

resize0071.jpg

resize0070.jpg

resize0069.jpg

resize0068.jpg

resize0067.jpg

20170715-IMG_4630.jpg


日も暮れ提灯がともる中獅子は踊り続けます
resize0065.jpg

resize0064.jpg

resize0063.jpg

resize0061.jpg

resize0062.jpg

地区内の巡行も終わり須賀神社へと向かいます
resize0060.jpg

2日間に渡った祭もいよいよ佳境を迎えます
神社では踊り「弓くぐり」が奉納されます
resize0059.jpg

resize0058.jpg

resize0056.jpg


resize0055.jpg

resize0057.jpg

resize0054.jpg

resize0075.jpg
最後に祭の間暴れた獅子ののど元にはさみを入れます
こうして獅子は来年の祭まで1年間の眠りについたのでした

岩船時間FBでもたくさんの写真や動画もUPしていますのでご覧ください

村上市荒川地区では金屋集落のほかにも多くの集落で獅子舞や獅子踊りが行われています
機会がありましたらぜひお越しください〈荒川地区まちづくり協議会のページ〉

category: 地域情報

Posted on 2017/07/17 Mon. 03:03  edit  |  tb: --  cm: 0  

2017 村上大祭 

@岩船時間事務局です

7月6・7日 梅雨とは思えない晴天のもと村上大祭が盛大に開催されました
村上大祭は、西奈彌羽黒神社の例祭です

7日早朝神社前に19台の屋台が集合しました
10resize0022.jpg

猿田彦さまも出発を待っています
15resize0023.jpg

先太鼓・庄内町笠鉾・荒馬を先頭に祭の巡行が行われます
20170707-IMG_2095.jpg

20170707-IMG_2096.jpg

13resize0027.jpg

各町内の屋台も神社前を出発しました
22resize0009.jpg

24.jpg

25.jpg

28resize0020.jpg

古くからの町屋が残る街並みの中19台の屋台が巡行します
29resize0026.jpg

32resize0007.jpg

35resize0018.jpg

37resize0017.jpg

お昼前 片町の庚申堂では御旅神事が行われていました
40resize0016.jpg

上片町の交差点でお昼の折り返しを行います
42.jpg

45resize0005.jpg

上町小国町の屋台2台は山辺里橋を渡ってから折り返しました
47resize0015.jpg
かつては全町内山辺里橋を渡っていたそうです

49resize0014.jpg


48_20170707-IMG_2481.jpg

荒馬が先導を終え肴町を折り返してきました
50resize0013.jpg
各町内とも屋台を止めて拍手を送っています

夕飯の休憩を終え各町内への帰り屋台となりました
52resize0012.jpg

夕暮れとともに各屋台に提灯の火がともります
53resize0011.jpg

祭もクライマックスをむかえ一層盛り上がってきました
65resize0006.jpg

楽しかったまつりもやがて終焉を迎え各屋台とも自分の町内に帰ってゆきます
69resize0010.jpg

天気にもめぐまれ最高の祭でしたね
参加されたみなさんお疲れ様でした

岩船時間FBにもたくさんの写真と村上甚句の動画をUPしてますので是非ご覧ください


category: 地域情報

Posted on 2017/07/11 Tue. 03:33  edit  |  tb: --  cm: 0  

【岩船時間山岳部】日本国~毎年恒例~ 


@岩船時間山岳部です。

5月5日

毎年恒例の日本国登山に行ってきました。
日本国は新潟県・山形県にまたがる標高555mの山です。
5月5日が山開きのため多くの人でにぎわっていました。
大体登りで1時間半、下りで1時間くらいかかります。


8:30
登山開始です。

新緑の中、快調に進みます。
序盤は少しきつめの道が続きます。
20170505_1.jpg
20170505_2.jpg

道のそばには色とりどりに花
20170505_3.jpg
20170505_4.jpg

沖見の休憩所からの景色です。
遠くに粟島が見えます。
20170505_5.jpg

ここから分岐点、蛇逃峠の東屋休憩所までもうひと踏ん張り
20170505_6.jpg

この東屋がコースの分岐点
登ってきた小俣口コースと急坂な蔵王堂コースの合流地点になります。
帰りは蔵王堂コースを下る予定です。
さぁここから山頂まで500m
20170505_7.jpg

ここから約20分くらいで山頂につきます。
20170505_8.jpg

ここからがお楽しみの時間
「宴」です!

部長が前日から仕込んだウド・ソーメン
そしてステーキに焼肉
20170505_9.jpg
20170505_10.jpg
20170505_11.jpg
20170505_13.jpg

当然BEERも格別です!
このために登ってきた我々ですから(笑)
20170505_12.jpg
20170505_22.jpg

まぁこれだけ飲めば
20170505_20.jpg

当然こうなりますよね(笑)
20170505_21.jpg

皆様ご迷惑をおかけしました。

たまたま別で来ていた旧友たち
20170505_23.jpg

結局2時間近く宴会していました・・・

気を新たに下山します。
20170505_24.jpg
20170505_25.jpg

6歳がんばれ~
20170505_26.jpg

結構急なので慎重に
20170505_27.jpg

そして無事下山
20170505_28.jpg

そして駐車場まで
小俣の集落を散策
20170505_29.jpg



山開きのイベントも終わっていました・・・
3時までのイベントだと思っていましたが
2時過ぎには何にもなくなっていました。
目当ての栃餅が食べられなくて残念がっていた人もいました。
せめて3時まではイベント行ってもらえないでしょうか・・・

今年も珍道中となってしまいましたが
ではまた来年。
20170505_30.jpg



で当然
はばきぬき

20170505_31.jpg
20170505_32.jpg

こうして宵も酔いも深まっていくのでした

ではまた次回。

category: 登山

thread: 新潟県

janre: 地域情報

Posted on 2017/05/07 Sun. 14:10  edit  |  tb: --  cm: 0  

【岩船時間山岳部】五頭山登山~部長の特訓~ 

@岩船時間事務局です。

GWも終盤ですね。

岩船時間山岳部もGW前半後半と登山に行ってきました。

前半は4月29日

いきなり今までの最高峰に挑戦!
標高912.5m 五頭山に行ってきました。
メンバーは会長、部長、私の3人。

五頭山は阿賀野市、阿賀町に連なる山々の一つになります。

今回は出湯ルートで登ります。
部長曰く一番の初心者コースだそうです。

8:30
登山口を出発します。
20170429_1.jpg

7分くらい進むと一合目の標識
20170429_2.jpg

結構険しい道です。

20170429_3.jpg

わかりづらいですがなかなかの勾配です。

この頃には前を行く二人に置いて行かれ
いつのまにかソロ登山となりました。

登り始めて20分くらいで二合目
20170429_4.jpg

この二合目ですでにふくらはぎがプルプル・・・
心が折れかけます・・・

ですが道端には色とりどりの花が咲いています。
20170429_5.jpg
20170429_9.jpg

そして正面を向くと
20170429_6.jpg

ふぅ・・・

はぁ・・・

登り始めて50分
4合目まで来ました。
ここで先行の二人が待っててくれました。
優しい(泣)
20170429_7.jpg

4合目からの景色
20170429_8.jpg

登り始めて1時間と少し
ついに5合目、烏帽子岩に到着!
20170429_10.jpg
20170429_11.jpg

5合目からの景色
ここからでもなかなかの景色が臨めます。
20170429_12.jpg

今までがきつかった分、
緩やかな登りになることを願って
頂上を目指します。

そんな甘い期待はすぐに裏切られました・・・
20170429_13.jpg

きつい・・・

すでにふくらはぎ~太ももがパンパンです。

登り始めて1時間半。
6合目です。
ここがほかのルートとの合流地点
20170429_14.jpg

進めば進むほど厳しい道。
ここでロッククライミングの一撃。
画像ではわかりづらいですが
人より高いところをよじ登ります。
20170429_15.jpg

なんとかよじ登り

7合目
登り始めて1時間50分
20170429_16.jpg

ちらほら残雪が目立ってきます。
今年は残雪が多いと聞きました。

今回のルート、山頂まではこんな感じの道が続きます。
結構狭くて歩きづらいです。
20170429_17.jpg

この頃には考えることもできず
ひたすらゆっくりと少しづつ足を進めていました。

登り始めて2時間10分
やっと8合目まで来ました。
20170429_18.jpg

よしっ、山頂までもう少し!

しかし

この後更なる試練がっ!

20170429_19.jpg

登山道を雪が覆い
膝上くらいまでズボッ
体力がない私はこれで精神的に大きなダメージとなり
心がポッキリと折れました(笑)

20170429_20.jpg

雪道を乗り越えても

20170429_21.jpg

こんな道が続いて堪えます。

乗り越えて
ようやく9合目
ここまで2時間20分

ここからは道なき道と雪との戦いでした。
20170429_22.jpg

この奥に最後の難関の斜面があるんですが
その斜面一面が雪に覆われ
ロープがあるものの危険でした。

登山開始から2時間40分、11時40分

ついに山頂!

20170429_23.jpg

今までで一番素晴らしい眺望が迎えてくれました。
飯豊、反対には新潟市内、日本海まで一望できます。
苦労も報われる景色に感動です!

20170429_28.jpg


このあたりで小雨がぱらつき
雲行きが怪しくなってきたので
昼食を急ぎます。

急ぐといっても手を抜く我々ではありません(笑)

まずは
20170429_24.jpg

ビールのアテに会長が餃子を焼いてくれました。
20170429_25.jpg

そして部長の定番!
トン汁の準備にかかります。

鍋にジャガイモ、大根、豚肉etc
具だくさんでいい感じです。

しかし

ここで部長が

「あっ、ミソ忘れた」

大事なところなんでもう一度

「あっ、ミソ忘れた」

なんたる失態!

あれだけ道中の車の中で
「今日は最高のトン汁食わせちゃる!任しちょけ!」
って言ってたのが遠い昔に感じられます・・・

数分の沈黙の後
おもむろに鍋の中に塩ラーメンを投入する部長
20170429_26.jpg

何事もなかったかのように
「うん、少し薄味だな!」

そうでしょうよ
3人分のトン汁のところに
塩ラーメン一人分の味付けじゃあ全然物足りないでしょうよ!

会長と私は笑顔を作りながらも心の中で
「ミソ忘れたお前が悪い」

このあたりで雨粒が少し大きくなったので
撤収準備

12:15 下山開始
登ってきた道を引き返します。

ここからは登りの疲れと
足に力が入らず
ひたすら慎重に下山しました。

14:15 2時間かかってようやく下山

残雪の登山道も初めてでしたので
無事に帰ってこれてよかったとつくづく思いました。

人に聞くと今回のルートが一番山らしい(キツイ)ルートだったらしいです。
ですが烏帽子岩も見れたし達成感半端ないです!
登山口の標高からすると約800mくらいは登る感じです。

春とはいえ山には残雪が残りますので
それ相応の装備と過信は禁物です。

では次回は日本国の旅をお届けします。

category: 登山

thread: 新潟県

janre: 地域情報

Posted on 2017/05/07 Sun. 00:41  edit  |  tb: --  cm: 0