03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

2015 石動さま 御神楽 

こんにちは!岩船時間です!
毎年4月22日に行われる石動様『いするぎさま』のお神楽にお邪魔してきました♪


AUK_6468.jpg

夕闇の岩船神社にて石動さまの御神楽が上大町区の方々により執り行われました。

AUK_6464.jpg

AUK_6514.jpg

AUK_6519.jpg

AUK_6474.jpg


本殿にて神事が行われます。

AUK_6463.jpg

ここで昨年取材した際に
2014 石動さま
※昨年度のブログリンクです。

『どんな由来があって岩船に祭られているのですか?』

とのご質問もいただいたので我々岩船時間スタッフも色々と調べ、スタッフの考察を書かせ頂きます!
※あくまでもスタッフの個人的な考察であり必ずしも事実とは限りませんので悪しからず。


AUK_6465.jpg

岩船に祭られている石動さまは無病息災の御利益があり開拓の神様でもあるそうです。

そもそも石動さまの源流は石川県の石動山(せきどうさん)に鎮座する『伊須流岐比古神社』(いするぎひこじんじゃ)
だそうですがこの神社は石川県での山伏(修験道)の修業の中心地であったそうです。
その伊須流岐比古神社の衆徒は寄進を募るための特権を持っていたそうで。
七ヶ国(加賀、能登、越中、佐渡、飛騨、信濃、越後)から寄進を求める「勧財」を許されていたそうです。

また、その衆徒には製薬の技術に秀でた者や製鉄(鍛冶)の技術に優れた者が多かったそうです。
石動山 伊須流岐比古神社はその昔は『五社権現』ともよばれていたそうです。

現在上浜町区にある権現様『五社大権現』

『鍛冶』職の方々が信仰していたともされる上町の住吉さまにもなにか縁があるのかもしれませんが今となっては真実は歴史の闇の中。


遠い遠い昔に寄進と布教を目的にし、そして製薬や製鉄の技術を携えてこの岩船の地に石動山の衆徒がやってきたのかも知れませんね。

AUK_6466.jpg

と。
ここで神事が終わったようなので覗いて見ると…

AUK_6476.jpg

さげとスルメが運ばれてきて囲炉裏を囲んで一杯。

AUK_6480.jpg

AUK_6523.jpg

皆さん神事が終わってホッと一息。


AUK_6481.jpg

AUK_6537.jpg

AUK_6482.jpg

いするぎ 200
いするぎ 203

AUK_6483.jpg

この御札を町内の各家庭にお届けした後

AUK_6501.jpg

上大町会館で直会(なおらい)の始まりです♪

いするぎ 231

一同神棚に拝した後は

AUK_6556.jpg

AUK_6557.jpg

AUK_6558.jpg


大若会長の音頭で『乾杯っ!』

いするぎ 221

いするぎ 233

いするぎ 237

上大町区の皆さん。お疲れ様でした♪

AUK_6573.jpg

スポンサーサイト

category: 地域行事

Posted on 2015/04/30 Thu. 22:44  edit  |  tb: --  cm: 0  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。